大きなほくろもスッキリ取れる!

ほくろ除去を行う時に役立つ情報をご紹介します

ほくろと病気について

カウンセリング

悪性のほくろにはメラノーマと呼ばれるがんが発生するようなことがあります。メラノーマは急激に成長するがんで、転移も早い段階で起こしてしまうことが特徴となっています。悪性のほくろを除去することでメラノーマの発生を防ぐことができるでしょう。

ほくろの種類について

女の人

発生する場所や原因から、ほくろの種類は様々に存在しているものです。ほくろの種類を把握しておくことで悪性のほくろを判断することや、除去を行いたいような場合に役立てることができるでしょう。

電気メスを用いた方法

婦人

小さいほくろを除去するのに有効となる切除方法は、電気メスを利用したものとなります。電気メスを利用することによって切開を行いつつも傷口を塞ぐことが可能となっています。

ほくろの基礎知識について

女性

ほくろの知識を深めて治療に役立てよう

ほくろは人のチャームポイントにもなるものですが、出来る場所によってはほくろが気になってしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ほくろはいつの間にかできてしまっていたり、大きくなってしまっていたりするものです。ほくろが出来てしまう原因とは何なのでしょうか。ほくろが出来てしまう主な原因として挙げられるのが、紫外線になります。ほくろはメラニンから生成されているものとなっており、紫外線を浴びることによってメラニンが作られる働きが活発になってしまい、皮膚の内部でほくろが作られてしまうのです。紫外線によってほくろが出来てしまった場合には、レーザー治療などを用いて除去を行うことが可能となっています。しかし除去する治療を行ったとしても再び紫外線を浴びてしまえば新たなほくろはすぐに作られてしまうものです。したがってほくろを増やしたくない方、大きくしたくないという方は紫外線対策をきちんと行う必要があるのです。ほくろが発生してしまう原因は紫外線であるとしましたが、遺伝によって発生するほくろも存在しています。遺伝によって発生するほくろは、子供世代の時に出来るようなほくろが多いと言えるでしょう。紫外線から発生してしまったほくろや先天性のほくろであっても、強い刺激を与えることによって皮膚に悪影響を及ぼし、トラブルが発生することもあります。したがって、ほくろに関して気になるような点がある場合にはクリニックなどで見てもらうようにしましょう。しかしほくろができてしまったからと言って、必ずしも除去を行う必要はありません。ほくろには種類が存在しています。それは良性のほくろと、悪性のほくろです。悪性のほくろであるならば、クリニックを利用して除去を検討する必要があります。悪性のほくろには重大病気に関わるものもあるからです。良性のほくろと悪性のほくろを見分けるのは、困難な場合もあります。悪性のほくろの特徴として挙げられるのがほくろの色が変わった色をしている、ほくろの周りに出来物が複数発生しているということです。悪性のほくろによっては、がんなどの病気が隠されていることもあるため、充分に注意する必要があるでしょう。ほくろ自体ががんになってしまうという事は無いのですが、ほくろにがんが発生してしまうことがあるのです。ほくろに関して何か変だなと思うようなことがあれば、クリニックなどで医師に相談するように心掛けましょう。重大な病気が隠されていたとしても、早期発見と治療により、その被害を最小限におさえることができるからです。

レーザー治療について

レディ

比較的小さく、隆起していないようなほくろを除去するのに有効となるのがレーザー治療を利用した除去方法となります。レーザー治療はほくろの除去だけでなく、様々な分野において用いられている治療方法となっています。

切開について

鏡を見る人

ほくろの除去を行う方法として従来から用いられてきた方法を切開と呼びます。この切開を行う際のメリットとは、除去を行った後の仕上がりが他の治療方法と比べても一番綺麗になるということです。