女の人

ほくろ除去を行う時に役立つ情報をご紹介します

  1. ホーム
  2. ほくろの種類について

ほくろの種類について

女の人

種類を把握して除去の治療などに役立てましょう

ほくろには様々な種類が存在しているものです。ほくろの種類を把握しておくことで、そのほくろが悪性であるかという判断をすることもできるでしょう。また、ほくろの除去を考えているような方にとっては事前にほくろの種類について知っておくことで、治療に役立てるような事も可能となっているのです。そもそもほくろは一般的には除去を行うような必要性がありません。ほくろは良性のものがほとんどであるからです。人によってはほくろができてしまった場所が気になるという理由から除去を希望するような方もいらっしゃいます。しかし、悪性のほくろである場合にはクリニックなどで除去の治療を受けることを考える必要が出てくるのです。そのため自分のほくろについて、今一度種類を確認してみましょう。悪性のほくろに気付かず過ごしているという方も多くいらっしゃるからです。ほくろの中には皮膚よりも隆起しているようなタイプのものがあると思います。このほくろは見た目の問題から、除去を希望するような方も多くいらっしゃいます。ほくろが隆起しているからといって悪性のほくろという事は無いのですが、除去をしたいという場合には治療方法を検討しましょう。ほくろが大きいことから、少し大掛かりな治療が必要となってくることもあるのです。治療方法などを理解したうえでクリニックを受診されると良いでしょう。一般的によくみられるほくろのことを単純黒子と呼びます。この単純黒子ができる主な原因となるのが紫外線となります。紫外線によって刺激を受けた皮膚の内部が、メラニン色素を生成してしまうのです。なぜメラニン色素が発生してしまうのかと言うと、紫外線から肌を守るため、肌の細胞が自ら自分を守るためにメラニン色素を発生させてしまっているのです。このメラニン色素が異常に発生してしまうと、単純黒子が発生してしまうのです。単純黒子を除去するためにはレーザーによる除去を行うことが一般的となっています。またほくろの種類の中には、色素細胞母斑とよばれるようなものもあります。この色素細胞母斑は、お肌の中にあるメラノサイトという細胞が母斑細胞に変異し、異常発生してしまったことによってできてしまうほくろとなっています。この色素細胞母斑の厄介なところは、皮膚の奥深くまで母斑細胞が増殖してしまうということです。中には隆起してしまうようなケースもあります。したがって色素細胞母斑も見た目の問題から除去を検討される方が多くいらっしゃいます。ほくろの中には青みがかって見えるような場合もあります。このようなほくろのことを、青色母斑と呼びます。この青色母斑は青みがかっているからといって、そのほくろが悪性であるということは無く、ほとんどの場合が良性であることが多いでしょう。なぜほくろが青く見えているのかと言うと、ほくろが単純黒子よりも奥深くで発生してしまっているためです。場合によっては青色母斑が内部で大きく成長してしまうこともあるため、そのような時にはクリニックで相談し、除去を検討するようにしましょう。ほくろの種類は原因や発生する場所によって様々な種類があるものです。ほくろの種類を把握しておくことによって悪性のほくろを判断し、除去を検討される際の知識として役立てることができるでしょう。