女の人

ほくろ除去を行う時に役立つ情報をご紹介します

  1. ホーム
  2. ほくろと病気について

ほくろと病気について

カウンセリング

メラノーマが発生してしまうことがある

ほくろの中には病気に関わるようなものも存在しています。病気に関わるほくろには、がんとの関りがあるものもあるのです。例えばほくろが急激に肥大化しはじめる、通常のほくろとは違った色をしている、色が一色ではないといった異常が見られる時には充分に注意する必要があるのです。特に悪性のほくろはがんのリスクがあるため、クリニックや美容皮膚科にてほくろ除去を行うことを検討されると良いでしょう。ほくろにできてしまうがんのことを、メラノーマもしくは悪性黒色腫などと呼びます。このメラノーマが一度発生してしまうと急激な成長を遂げるほか、早い段階で転移を起こしてしまうこともあるため充分に注意する必要があるでしょう。メラノーマを早段階で発見することができ、治療を行うことができれば治療の負担も少なくすることが可能となり、がんを治せるでしょう。メラノーマを放置していることによって、完治することが困難となってしまうようなケースも多く発生しています。少しでもほくろに変わったことを感じたのであれば、すぐに医師と相談することをおススメします。そしてほくろには重篤な病気が隠されている可能性があるということを十分に理解しておくことも大切でしょう。ほくろは基本的に除去を行うような必要はありませんが、見た目の問題からほくろ除去を行うといった方も多くいらっしゃることでしょう。しかし悪性のほくろと良性のほくろは見分けがつきにくいということもある所が厄介な点となっているのです。悪性のほくろを除去することによって、がんが発生するリスクを下げることとなります。見た目の問題でほくろ除去することも良いですが、病気のリスクを回避するためにほくろ除去を行うこともあるということを知っておくと良いでしょう。